INFORMATION

このページは中条比紗也のアシスタントさんにちょっとした質問をぶつけてみるコーナーです。

一回目・シバッチ

二回目・もっちゃん

最終回・せっきー

----------------------------------------------------------------

- SEKKIY -

管理人(以下・管):皆様こんにちわ。管理人です。ここでは花君の製作になくてはならない存在「アシスタントさん」にインタビューしています。普段表に出る事のない方々ですが、皆さんも一度は花君をお手伝いしているアシスタントさんってどんな人だろう?と思った事があるかと思います。そんなアシスタントさん達のひととなりを少しですがお伝えできればと思います。この度はアシスタントさん達のご協力を頂きまして、色々な質問にお答え頂けました。ラストを飾るのは「せっきー」です。

:こんにちわ。一番最後のご登場は最初もっちゃんに中条さんだと間違えられたせっきーとなりましたが宜しくお願いします!

せっきー氏(以下・せ):はい、よろしくお願いします。

:恒例のプロフィールから。出身地と家族構成とお誕生日を教えて下さい。

:生まれも育ちも現在も埼玉県民です。兄・私、そして私のかわいいお姫様'sと王子様……ってSD(※1)ですけど。誕生日はシャーロックホームズと同じらしいです。…誕生日があるんですね…。

-------------------------------------------------------------------
(※1)SD=スーパードルフィーの略。58〜60cmのお人形さん。

-------------------------------------------------------------------

:シャーロック・ホームズと同じですか。ホームズのお誕生日は1854年1月6日とされていますね。えー、これまた恒例の好きな食べ物は?シバッチのチョコ、もっちゃんのエビときましてせっきーは何がお好きですか?

:ラムネです。固形物の方のね。切れると中毒症状が出るので秘密の棚を勝手に作り常にストックしてあります。あと牛乳も大事!食事にはセットで必要になります。

:せっきーも牛乳好きですか!確かシバッチも好きだったような…ここでは牛乳大人気ですね、私も好きですが(笑)。それでは早速ですが…中条さんのアシスタントさんになられたきっかけは?

:その時お手伝いしていた作家さんの連載が一段落したのでお仕事を探してたんです。それまでが月刊だったので次は隔週がいいなぁ、と思っていた所に中条さんが募集していたので…って感じです。

:やっぱりこういった出会いは、めぐりあいのタイミングなんですね。そしてはじめて出会った中条さんの第一印象は?

:豪快に笑う人だなぁ〜と。何があったかはご想像におまかせします。

:あはは!確かに気分良く笑う方ですよね。豪快と言っても「わっはっは」とかそういう感じではなく、本当に楽しそうに笑うというか…。しかし、一体何があって出会った時に笑われたのでしょうね?えっと、そう言えば、せっきーは中条さんの漫画のどの作品の何話目あたりから参加なさったのですか?だいたいで良いのですが。

:花君の55話目からです。

:55話といいますと花君の10巻の一番最後からですね。コミックスも今月21巻が発売(03年10月現在)されますから、もう半分以上のおつき合いになるわけですね。ところで初めて会った時と今と中条さんの印象は変わりましたか?

:……変わった…と言うより分かって来た…と言う気が…。

:色々理解が深まった訳ですね。ではアシスタントさんへならではの質問という事で、せっきーが個人的によく使う画材と、お薦めのメーカー(またはよく使うメーカー)があれば教えて下さい。

:ゼブラの丸ペン、学生時代から10年以上しつこく使っている製図用シャープペン×2(印刷に出ない緑芯とB芯で。BなのにFのシバッチより薄い気が…)背景等定規モノはコレじゃないと描けない身体なんです。uniの事務用極細消しゴム、OLFAカッター(黄色と黒のヤツ)、HYPERASER砂消し、ステンレス字消し板、三角定規等。他にもいろいろありますが、こだわってるのはこれくらいかと。気に入ると一つのメーカーを使い続ける頑固者です。

:文房具って「これじゃないと!」っていうのがあったりしますよね。それでは、アシスタント業をする中で好きな作業はありますか?

:トーンフラッシュ(※2)!トーンを加工する作業は好きですね。可能な限り私が独占しています。あと集中線。そして実は一番好きな作業はここの仕事場ではやらない事なんです。何かは秘密♪

-------------------------------------------------------------------
(※2)トーンフラッシュ=花君20巻74ページ2コマ目の効果。

-------------------------------------------------------------------

:えー、中条さんの仕事場ではやらない作業ですか!?何でしょう!?ロボットとかそういう非現実的なものを描く事とか??うーん、謎ですね。逆に苦手な作業はありますか?

:枠線とかベタとか…。自分でもよく分からないんですが苦手なんです。出来ない訳じゃないんですが、極力人に押しつけます。皆優しいから奪い合ってベタ塗ってくれます。…ありがとう。

:あ!でも枠線とベタは丁度シバッチが好きだとおっしゃってましたね!誰かが苦手な事をフォロー出来る人が居る…バランス良いですね。えっと、アシスタントさんによってお手伝いする主な場所が違うと教えて頂いた訳ですが、せっきーは主にどの辺りを担当する事が多いのでしょうか?

:主に背景です。後半はトーンも貼ります。

:花君の背景はせっきー作が多いのですね。担当した場所でお気に入りのコマはありますか?

:ドリーミングほろすこーぷ。第86話にちょろちょろ登場しますが、顔が全部違うのに気付いてますか?その後しばらく流行りました。あと第109話でお好み焼きのメニューを皆で考えたのが楽しかったです。(でも文字を書いたのは私ではない)ちなみに「なっとう」は編集S氏の発です。

:86話は16巻ですね。「ドリーミングほろすこーぷ」は瑞稀が持ってた雑誌の中の星占いコーナーですね。佐野もこれで自分の星座を確認したという。顔が違うのですかー!何とー!…関係ないですが、顔と言えばこの回の溶けた雪ダルマが善い人そうな顔をしていると私は思うのですが(笑)カワイイです。それから109話は19巻ですね。えーと、あ、ありました「なっとう」。お好み焼き屋さんのシーンの一番最後のコマ左端に。コミックスでは丁度半分裁断されてしまってますが。細かい部分でアシスタントさん達の楽しみがあるんですね。では逆にこのコマは大変だったなー、と思うコマは…?

:WILD KISS(※3)の浅川朋樹(※4)の二階建てアパートです。アパート全景・全10室描いたんですが、超一部しか使用されず最後にはお引っ越しなんで日の目を見る事なく終わってしまったモノです。

-------------------------------------------------------------------
(※3)WILD KISS=「花とゆめ」2003年7号に掲載された読みきり漫画。
(※4)浅川朋樹=上記作品の主人公。

-------------------------------------------------------------------

:せっきーの場合はアシスタントをする時に何か日頃から事前に勉強したり(漫画の背景に出そうなものをよく観察するとか)家で線を引く練習をしたりしますか?

:今はあまりしませんねぇ。アシを始めたばかりの頃は線が汚かったので細く描ける様、練習したりもしましたが、やはり実践が一番早い上達方法だと思います。他の漫画で素敵な背景とかを見ると思わず観察してしまったりはします。

:なるほどー!私はよくせっきーがベタフラなどの効果を描いている事をよく拝見する事があるのですが、いつもとても上手だなぁと感心してしまいます。こういった効果を描く時に気をつけている事はありますか?

:ベタフラ(※5)ですか?私自身あまりやってる気はしてませんが…。集中線やトーンフラッシュもそうですが、迫力が出るように。です。少女漫画なんで少し控えめですが…。

-------------------------------------------------------------------
(※5)ベタフラ=ベタフラッシュの略。花君20巻72ページ3コマ目の効果。

-------------------------------------------------------------------

:ああー、ではたまたま私が行く時にたまたませっきーの机の上にベタフラ系効果有りの原稿があったのかも知れませんね。でも本当にとても上手ですー。それではアシスタント業をしていて良かったなぁと思う事はありますか?

:勉強になる事が多い事ですね。趣味も漫画なんで、仕事と趣味とで好きな事にかかわっていられるのは幸せだと思っています。そして裏話は欠かせません!聞いてるだけでも楽しいです。仕入れてくるのも楽しいです。

:今度是非きかせて下さい(笑)。ところで、せっきーから見た締めきり直前の現場の雰囲気ってどうなのでしょう…?

:皆自力でトリップするんである意味楽しいのかな。疲労MAXだとやはり気持ちダークですね。来客編集さんとも言う…が多いとにぎやかになるんで、それに助けられてる気もします。

:そうなんですね。所で、せっきーにとっても締めきりのプレッシャーは凄く感じますか?

:やはり最後に背景がまわって来たらあせりますね。ノーチェックで任された時も。締め切りと言うより担当さんのプレッ…いやいや。最後の一枚は三人がかりだったりするんである意味あせります。

:へー、三人で一枚を…壮絶な最後なんですね…。ではアシスタントのお仕事をする中で失敗談などはありますか?

:ありますよ〜。でも言いません!言えませんとも!

:言えないって…一体どんな失敗を…??(笑)。でもハードなお仕事だと思いますが、忙しい中にも休息は必要ですよね。お仕事中にどのように気分転換をしていますか?

:買い出しとお風呂は最大のリフレッシュ!身がキレイになると心もキレイになる気がします(気だけですが)。

:あ、でも別の事をすると気分転換になりますよね。特に「水」はリラックスするには水を触る事が良いとどこかで聞いた記憶がありますよ。流れている水道水を触るだけでも違うとか。さて突然ですが花君キャラの中で一番アシスタント泣かせなキャラは誰だと思いますか?

梅田…。                      

:その理由は?

:理由は他のアシさんと同じでやはりトーン頭は曲者です。少し前までは森君でした。ツンツンしてたし。たまにならいいんですが…ってたまにしか頭トーンはらないんで説得力ないかも。

:中条さんのキャラクターの中でお気に入りキャラとかはいますか?キャラ名とその理由を教えて下さい。

:尼崎カンナ嬢です。清楚でかわいらしくておかしい所が最高!

:カンナちゃん、人気あるんですよねー!はじめ「おかしい」って「おくゆかしい」の間違いかと思ったのですが、そう、少し「おかしい」んですよね。ひばりさんから受け取った下着が大量に入った箱(しかもリボン付)を平然と運んできたり(笑)そもそもあのひばりさんとずっと行動を共にしている人ですから、どこか個性的な部分があるのかも知れません。抜けているというか、ズレているというか(笑)そこもカワイイのですけどもね!では、もしもその「お気に入りキャラ」を使ってせっきーの望む通りに中条さんが漫画を描いてくれるとしたら、どんな内容が良いですか?

:天王寺恵と尼崎カンナ嬢の一日デート風景。カンナ嬢が幸せそうに微笑んでいる事が絶対条件!

:本当にカンナちゃんがお気に入りなのですね!せっきーのカンナちゃんへの愛をひしひしと感じます(笑)でもそれは私も見てみたいです。やっぱりお気に入りのキャラが登場するコマは自分がお手伝いしたい!と思いますか?

:家元の頭トーンとか皆にお願いしてまわしてもらったりします。トーン頭でも家元と曾根崎は好きなんです。

:なるほど、不思議なものですね。それでは例えば花君のキャラに一日なれるとしたら、どのキャラになってどんな事をしてみたいですか?

:天王寺になりカンナ嬢をそっと抱き締めたいです。

:本当にカンナちゃんが…(以下略)。花君キャラで自分の家族を構成するとしたらどのキャラを選びますか?(彼氏・友達なども可)

:梅田一家に入りたいです。美父が特にステキ。ああっ!天王寺が兄に欲しい。理由は実に下らない事ですが、将来カンナ嬢が…。同室は仕立て屋の長堀か道頓堀。服か食べ物か…欲深な。

:本当にカ…(以下略)。やはりこの質問でせっきー何かが分かった気がします(笑)梅田一族になってみたい!という方はほんっとうに多いですね!ファンメールでもよく頂いています。さて、他の方同様、完成原稿を一番に見れる訳ですが、せっきーから見た中条さんの生原稿って見ていてどんな感じですか?

:とてもきれいですよ。指紋もよくついていますが…。

:指紋ですか!リアルですね。慌てているのでしょうねー。では見ていて「このページ欲しい…」とか思う事はありますか?(笑)

:ありますね。他のアシさんも言ってましたが、そんな時は下絵やコピーをいただいてます。雑誌とはやはり雰囲気が違うんですよね。これも勉強になります。

:生原稿ってたしかに何か違いますよね。原画展などで見るとそれはよく感じます。私の場合、変な話ですが本当に人が描いているんだなーとか感動してしまったり。それでは最後にこのサイトを閲覧して下さっている方々にメッセージを。

:はい、ここまでのおつき合いありがとうございます。答えは何ですが、仕事は真面目にしているつもりですのでこれからも見守ってやってください。

:せっきーの雰囲気も伝わったかと思います。今回は御協力ありがとうございました。お疲れさまでした!

(※注意)文章内の漫画用語は人によって呼び方が多少違う場合があります。

↑UP

(C)HISAYA NAKAJO/HAKUSENSHA

(C)HISAYA NAKAJO/HAKUSENSHA